FC2ブログ

仮想通貨 暗号通貨の税金 課税関係のお話し

ネットビジネスで稼ぐ・・インターネットビジネスで落とし穴にハマる学生・主婦が急増しています。このブログを読んでからでも遅くない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

3ステップで会社員の月給を超える生活デザイン by FX-Aki坊♪


ヤクザ・同和・右翼・政治家、裏社会オールスター出演!不動産バブル崩壊事件簿♪

ネットビジネスは・・


ネットビジネスは学生さん・主婦の方がその辺のサラリーマン以上の稼ぎを出している事実がある一方、同じくウソモノ・ニセモノを掴まされて騙され続けている人もいます。

  • ネットビジネスについてもっと知りたい

  • ネットビジネスを始めたが利益がでない

  • ネットビジネスで騙された


  • というメールをいつも多数いただきます。



    ネット上の「稼がせます」という教材は



    ホンモノ



    ウソモノ・ニセモノ


    が入り混じった玉石混交の世界です。

    それも約9割がニセモノ・ウソモノの世界なのです。

    かといって「一体何から始めて良いかわからない」など

    何か困ったことがあればどんなことでもご相談下さい。

    こちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。

     カテゴリ
     タグ
    None

    仮想通貨 暗号通貨の税金 課税関係のお話し

    2018年1月26日、コインチェックが保有していた仮想通貨(NEM)が不正に外部に送信され、顧客からの預かり資産576億円が流出する事件が発生しました。



    このようなビットコインやNEMなどの仮想通貨は、その利便性が認められる一方で、匿名性の高さにより、犯罪や脱税に利用されやすいという点や、仮想通貨の販売・仲介業者に対する規制がないために業者が破綻したときの利用者保護が十分ではないといった点が従来から指摘されていました。



    すでに規制に動いている国もあり、中国ではすべての仮想通貨取引所を閉鎖し、ICOと呼ばれる仮想通貨を発行することによる資金調達も全面禁止しています。



    また、韓国でも仮想通貨規制を検討しており、ICOは全面禁止されています。



    仮想通貨は、貨幣や紙幣のような現物が存在しないという点、また店頭で決済に使えるという点において、前払式プリペイドカードである電子マネーに類似していますが、人によっては手数料が高いとか送金に時間がかかるなどの意見も散見されます。



    日本では平成28年5月、資金決済に関する法律が改正され仮想通貨が以下のように定義されました。



    仮想通貨を

    「不特定の者に対して対価の弁済に使用でき、かつ不特定の者を相手方として法定通貨及び他の仮想通貨と相互に交換できる財産的価値であり、電子的に記録され移転できるもの」


    と規定されました。


    ビットコインを巡る裁判例として、破綻した仮想通貨交換所に対するビットコイン引渡請求事件(東京地裁平成27年8月5日)があります。



    この事件では、原告は仮想通貨交換所に預けていたビットコインの所有権を主張して、破産法に定める取戻権に基づきビットコインの引き渡しを求めました。



    判決は、ビットコインは有体物ではないので物権である所有権を主張することはできない、ということで請求は認められませんでした。



    このように平成27年判例では「所有権はない」と判示されましたがその後平成28年改正資金決済法にて「財産的価値」であると規定され法的にも権利の対象や取引の対象として物権法に類する規範として適用されてもよいのではないかとする学説も出てきました。



    平成29年7月以降、事業者による仮想通貨売買又は仮想通貨による財・サービスとの交換にかかる消費税は非課税とされました。



    平成29年6月以前については、法定通貨又は財・サービスと価値記録である仮想通貨との交換は、消費行為なので消費税の課税対象とされ、価値記録のキャピタルゲインは課税と判断されていました。




    しかし、金融庁が再度、仮想通貨に係る消費税の整理を要望したことを受けて、平成29年度税制改正大綱で、資金決済法の改正により仮想通貨が支払の手段として位置づけられたことや、諸外国における課税関係等を踏まえ、仮想通貨の取引について消費税非課税とすることが決定されました。



    仮想通貨を保有している場合のの課税関係では、仮想通貨を提供する場合その時点での法定通貨換算額と、その仮想通貨を取得した時点での円換算額が異なることにより発生する差額が所得金額として課税されます。



    また、財・サービスと仮想通貨とを交換した場合には、使用時点での財・サービスの価額と仮想通貨の取得価額との差額が所得金額となり個人及び法人どちらにおいても適用されます。



    個人が損益を計算する場合、複数回に渡って売買した場合の簿価について、原則として移動平均法を用いることになりますが、継続して適用する事を要件として総平均法を用いることもできます。



    また、個人が仮想通貨を使用することにより生じる損益の所得税における所得区分は、(事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き)原則として雑所得に区分されます。



    事業として認められる場合とは、反復継続して仮想通貨の売買を行い仮想通貨売買による収入によって生計を立てていることが客観的に明らかである場合が該当することになります。



    課税区分が雑所得とされるため、仮想通貨を交換して損失が発生した場合でも、他の所得と損益通算することはできず、その分税金は発生してしまいます。



    仮想通貨の証拠金取引については外国為替証拠金取引(いわゆるFX)とは異なり、申告分離課税ではなく総合課税により申告することになります。



    また、マイニングにより仮想通貨を取得した場合の所得金額は、仮想通貨の取得時点での時価からマイニングに要した費用を差し引いて計算します。



    相続財産に仮想通貨が含まれていた場合、仮想通貨は改正資金決済法により財産的価値を有すると法定されたことから、相続財産として課税されることになります。



    ただし、被相続人のウォレットで管理されていた秘密鍵が相続人に承継されなければ、被相続人が保有していた仮想通貨は処分できなくなります。



    この場合には、仮想通貨の価値はぜロと評価されると考えられます。



    デジタルデータである仮想通貨は設計次第で、法定通貨の経済学的な機能といわれる「交換」「尺度」「貯蔵」の3つの機能にとってかわることもできるといわれています。



    スウェーデン・シンガポールやカナダなど、自国の法定通貨のデジタル化を前向きに検討しています。



    今後仮想通貨をより安全に保全出来るような法制度的な対策が喫緊の課題でしょう。







    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    3ステップで会社員の月給を超える生活デザイン by FX-Aki坊♪


    ヤクザ・同和・右翼・政治家、裏社会オールスター出演!不動産バブル崩壊事件簿♪

    ネットビジネスは・・


    ネットビジネスは学生さん・主婦の方がその辺のサラリーマン以上の稼ぎを出している事実がある一方、同じくウソモノ・ニセモノを掴まされて騙され続けている人もいます。

  • ネットビジネスについてもっと知りたい

  • ネットビジネスを始めたが利益がでない

  • ネットビジネスで騙された


  • というメールをいつも多数いただきます。



    ネット上の「稼がせます」という教材は



    ホンモノ



    ウソモノ・ニセモノ


    が入り混じった玉石混交の世界です。

    それも約9割がニセモノ・ウソモノの世界なのです。

    かといって「一体何から始めて良いかわからない」など

    何か困ったことがあればどんなことでもご相談下さい。

    こちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。

    コメント (2)

    No title

    ちょうど知りたかったので
    とても助かりました!

    いつもありがとうございます!
    NM URL 2018-05-12 07:03

    Re: No title

    > ちょうど知りたかったので
    > とても助かりました!
    >
    > いつもありがとうございます!

    コメントありがとうございます。

    税制はころころ変わりますので、
    また速報があれば記事にしますね。
    wealthiest URL 2018-05-26 12:18

    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    Copyright © ネットビジネスはじめの一歩 インターネットビジネスとは・・ All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。