Akiです(^-^)/


これが爆発リストマーケティングだ!!


前回の記事ではブレットを作るというところまで書きました。


2016-03-21_220036.png




おさらいをしますと、
まず見た人が瞬間に

「あれっ」

と思うようなキャッチコピー、実績や証拠画像、


そのあとに、

「こんなすごいものを扱っている人って
一体どんな人なんだろう」

と思ってもらうぐらいの位置に自己紹介を
掲載するということでしたね。


それは、よほどの有名人でない限り、最初に自己紹介をしても
誰も興味を示さないからです。


これに続き、この商品の開発秘話や失敗談、
購入者の感想などを入れます。


出来たら、写真つきの直筆が望ましいです。


今や、印刷文字だと

「どうせハッタリだろ」

と読んだ人は思ってしまいます。


そして、プレゼント(フロントエンド)の説明。
これも前回までの記事
詳しく書きましたね。


そのあとに、名前とメールアドレスの入力フォームを設置します。
(これについては次号以降に詳しく解説します)

●これを手に入れたことによるメリット

●Q&A

●推薦文

などがあれば入れて
申し込みボタンを設置します。

このボタンは大きく目立つようにします。

「今すぐ申し込む」

「こちらをクリック!」

など分かりやすい表示をボタンの色に白抜きなどで
入れると良いと思います。


また、このようなリストを収集する目的でつくられた
ページには運営者概要ページを掲載する必要があります。


これらのページは「特定電子メール法」による表記ページと
「個人情報保護法」によるプライバシーポリシーの2つが必要となります。


これは、登録したリストに対して、誰がどのような目的で
何を配信するのかを記載しなければなりません。


書式は特に決まっていませんので、表のような形で
・運営者名
・住所
・連絡先(メールアドレス・電話)
を記載するのが一般的です。


個人情報の取り扱いは年々厳しくなってきています。

ここでは、登録者の個人情報である
氏名・メールアドレスを何の目的で使用するか、
また管理するかを開示を含めて明記します。


よく、悪徳情報商材屋は、ここをわざと
「SAMPLE」とだけ表示された、作りかけと思わせる
表にしたり、そもそもこれ自体が無いページや、
読みにくい小さい字にしたり、検索されないように画像扱いにしたりしています。


また、架空の雑居ビルや偽名なども使われる例が後を絶ちません。


情報商材業界を見渡すと、検挙例もあまりないようで、
まだまだ甘いところがありますが、
世の中の流れとしては確実にシビアになってきている項目であり
懲役刑まで定められた罰則のあるルールですから、間違いのないように
注意したいところです。


↓シリーズ全体を読む場合はこちらをクリック
これが爆発リストマーケティングだ!!











スポンサーサイト

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

3ステップで会社員の月給を超える生活デザイン by FX-Aki坊♪


ヤクザ・同和・右翼・政治家、裏社会オールスター出演!不動産バブル崩壊事件簿♪

ネットビジネスは・・


ネットビジネスは学生さん・主婦の方がその辺のサラリーマン以上の稼ぎを出している事実がある一方、同じくウソモノ・ニセモノを掴まされて騙され続けている人もいます。

  • ネットビジネスについてもっと知りたい

  • ネットビジネスを始めたが利益がでない

  • ネットビジネスで騙された


  • というメールをいつも多数いただきます。



    ネット上の「稼がせます」という教材は



    ホンモノ



    ウソモノ・ニセモノ


    が入り混じった玉石混交の世界です。

    それも約9割がニセモノ・ウソモノの世界なのです。

    かといって「一体何から始めて良いかわからない」など

    何か困ったことがあればどんなことでもご相談下さい。

    こちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。